H310+G4900で自作したパソコンにグラフィックカードを増設してみた。

コンピュータ

MSI GeForce GTX 1050 Ti 4GT LPを購入しましたので、H310+G4900で自作したパソコンに増設してみました。

このグラフィックカードを選んだ理由としては、ロープロファイルで補助電源不要ですのでケースや電源の選択肢が多く、性能面でGTX 1050Tiは補助電源を必要としないクラスではトップクラスの性能である点です。

MSIを選んだ理由はユーティリティソフト「Afterburner」が付属している点です。このソフトでGPUのクロックを下げて省電力化することができます。

 

グラフィックカードを組み込んで見ましたが、ケース内部はかなり余裕があります。

HDDやSSDの搭載スロットの空もありますし、大型のCPUクーラーやケースFanの追加も可能ですので、パソコンの用途に合わせてパーツの増設に対応可能です。

消費電力

各種性能の数値左の()はG4900の内蔵グラフィックとの差。

電源OFF:2W

アイドル:31W(+10W)

負荷状態:113W(+75W)

GPU温度

アイドル:30度

負荷状態:68度

(室内温度26度で計測)

ベンチマークテスト

各種性能の数値左の()はG4900の内蔵グラフィックとの差。

CINEBENCH R15

OpenGL:88.40fps(+55.74fps)

CPU:236cb

SingleCore:123cb

エクスペリエンスインデックス

プロセッサ:8.7

メモリ:8.7

グラフィックス:8.4(+3.1)

ゲーム用グラフィックス:9.9(+0.9)

プライマリハードディスク:8.1

3DMark06

SCORE:18,695(+10,523)

SM2.0:8,111(+5,132)

HDR/SM3.0:11,197(+7,712)

CPU:3,284(-211)

 

VRMark

OrangeRoom:3,181(+2,795)

だいぶ数値が上昇しましたが、VR-Ready-PCは5,000以上ですのでVR用にはスペック不足です。

 

ドラゴンクエストX

グラフィック設定:標準品質

解像度:1,280×720

表示方法:ウィンドウ

評価:すごく快適(快適)

スコア:14,649(+8,555)

 

ファイナルファンタジーXV

標準品質

1,920×1,080

ウィンドウ

評価:普通(動作困難)

SCORE:3,729(+3,332)

内蔵グラフィックでは紙芝居状態でしたが、動画になりました。ただしところどころで止っていましたので、全体的に性能不足かもしれません。

VMWareベンチマーク

OS:Windows7Pro 32bit

CPU:2core

メモリー:3Gbyte

エクスペリエンスインデックス(VMWare Win7)

プロセッサ:6.9

メモリ:7.9

グラフィックス5.9

ゲーム用グラフィックス:5.3

プライマリハードディスク:7.7

3DMark06(VMWare Win7)

SCORE:13,256(+8,115)

SM2.0:5,765(+3,849)

HDR/SM3.0:7,426(+5,233)

CPU:2,512(+450)

 

まとめ

GTX1050 Tiは内蔵グラフィックと比較にならないほど性能が向上します。消費電力も補助電源なしタイプのグラフィックボードですので消費電力も最大75Wに抑えられています。

お値段は18,000円弱ですが、パソコンで出来ることが増えると考えると決して高くない買い物だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンピュータ
スポンサーリンク
シェアする
八 四をフォローする
スポンサーリンク
迷惑堂本舗

コメント