古いスマホに格安SIMを入れてカーナビもどきにした話【arrows M02とYahooカーナビ】

コンピュータ

古いスマートフォン(arrows M02)を所有していますが、画面を割ってしまい長らく倉庫の肥やしになっておりました。

SIMカードはイオンモバイルの格安SIMを導入しました。
自分が加入しているプランは音声1枚+データ2枚のSIMカードのプランですが、その中のデータSIMを使います。
イオンモバイル|業界最安級の格安スマホ・格安SIM
業界最安級480円/月~。500MB/月から最大で50GB/月まで29種類の料金プランをご用意!全国200店舗以上のイオンでも購入できる格安スマホ・格安SIMを販売中!

カーナビアプリとして使うのであれば通信速度は遅くても実用的に問題ないので、低速通信に設定しています。
ちなみに低速通信として使った通信量は月間のデータ使用量にカウントされません。

取付方法としてはスマートフォンフォルダにとりつけシガーソケット(アクセサリ電源)から充電します。

Androidの設定で充電中は画面をスリープモードにしない設定にします。

また、「MacroDroid」というアプリを使い、充電開始で画面をONにし「Yahoo!カーナビアプリ」を起動し、充電が止まると画面をOFFにする設定にしています。
MacroDroid - Device Automation - Apps on Google Play
MacroDroid is the easiest way to automate your daily tasks on your Android smartphone or tablet. Via the smart user interface MacroDroid offers a simple solutio...

この設定を行うことで、自動車のエンジン始動とともにカーナビアプリが起動し、エンジン停止でスマートフォンの画面がOFFになりますので、あたかも専用のカーナビのような振るまいになりす。

また、音声をカーオーディオにBluetoothなどで出力すればかなり専用カーナビに近い環境になります。

ナビの機能的には専用カーナビにかなわないかもしれませんが、Googleアカウントにひも付いたAndroid端末が車載されていると、PCやスマートフォンとの連携することでなかなか使い勝手の良い道具になります。

スポンサーリンク

コメント