ZenFone5ZのDSDV機能を使ってみた【プライベート・ビジネス用でスマホ2台持ちの方へ】

コンピュータ
迷惑堂本舗 http://maywork.net

ZenFone5ZにはDSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)機能があります。

物理的にSIMカードが2枚搭載可能になるのですが、SIMカットをしたおかげでdocomo音声SIMが2枚所有していますので試してみました。

 

SIMカッターを使ってみた
私は一枚Micor SIMを所有していますが、最近のスマートフォンはnano SIMが多いので、SIMカッターを試してみました。 この行為はあくまで自己責任であり、今回のカットしたSIMは音声通話用SIMで失敗すると携帯電話で...

 

2枚目のSIMのトレイがSDカードと共用ですので、SIMカードを2枚搭載する場合、SDカードが搭載不可となります。

SIMカードをセットすると2つアンテナが立ち、どちらのSIMカードでデータ通信するか問い合わせがあります。

同じMVNOのSIMカードですがアンテナの強度が違うことが不思議です。

 

データ通信はできるか?

迷惑堂本舗 http://maywork.net

ネット接続は普通に使えましたので、データ通信は問題無いようです。

片方のSIMのみでデータ通信をするようですが、SIMの通信容量を使い切ったら、もう一つのSIMカードに切り替える使い方もできそうです。

 

音声通話に問題がないか?

電話アプリではSIM1とSIM2のどちらか発信するかボタンが表示されます。

迷惑堂本舗 http://maywork.net

SIM1とSIM2のどちらの電話番号の発着信は問題ありませんでした。

 

楽天電話アプリは使えるか?

アプリを立ち上げ、発信先の電話番号を選択した後、以下の発信元電話番号を選択します。

迷惑堂本舗 http://maywork.net

問題なく使えました。

まとめ

ZenFone5以前のスマートフォンのDSDVはキャリアやSIMカードの種類によっていろいろ制限があるようですが、ZenFone5ZはMVNOのSIMカードでも問題なく使えるようです。

 

使い道としては、プライベートとビジネス用で携帯電話を2台持ち歩く人は、ZenFone5Zがあれば1台で代替できるかと思います。あとも私のようになぜかSIMカードを沢山所有している人向けの機能かと思います。

【SIMフリー・スマートフォン】ASUS ZenFone 5Z (ZS620KL)【セットアップ編】
こんにちは84です。 本日はSIMフリースマートフォン、ASUS ZenFone 5Zの紹介です。 カラーバリエーションは黒とシルバーがあり、私はシルバーを購入しました。 音声通話用の携帯電話としてシャープSH06...
スマホ保護の新しい選択肢【液体保護フィルム】
スマートフォンを保護するためにケースを装着するのは定番だとは思います。 いろいろなデザインのケースを選ぶのはスマホ機種変更したときの楽しみの一つです。 しかし、ケースを装着するとオリジナルのデザインを崩れる点やコンパクト...

 

コメント