WPFタイマーを試す。

東都両国夕涼之図コンピュータ
出典:国立国会図書館「NDLイメージバンク」 (https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/)
WPFタイマーのサンプルです。
スポンサーリンク

プロジェクトの作成

dotnet new wpf -n SampleWpfTimer
cd SampleWpfTimer
code .

ソースコード

ファイル名:MainWindow.xaml

<Window x:Class="SampleWpfTimer.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:SampleWpfTimer"
        mc:Ignorable="d"
        FontSize="12pt"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
    <Grid>
        <StackPanel>
            <TextBox x:Name="TextBox1" Text="" />
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>

ファイル名:MainWindow.xaml.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

using System.Windows.Threading;

namespace SampleWpfTimer
{
    /// <summary>
    /// Interaction logic for MainWindow.xaml
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();

            var _timer = new DispatcherTimer();

            int count = 0;
            int count_max = 65535;
            _timer.Interval = new TimeSpan(0, 0, 1);
            _timer.Tick += (s, e) =>
            {
                count = count + 1;
                if (count > count_max) { count = 0; }
                TextBox1.Text = String.Format("{0}", count);
            };
            _timer.Start();

            this.Closing += (s, e) =>
            {
                _timer.Stop();
            };
        }
    }
}

実行

.NETで使えるタイマーはいくつかあるようですが、今回のタイマーはWPF用のタイマーになります。
UIと同じスレッドで実行しているので、タイマーイベント内でUIのコントロールを操作することが出来ました。
ということは余り重たい処理を行うとUIがフリーズすることに成りそうです。

サンプルでは1秒ごとにテキストボックスの数値がカウントアップするようになっています。

コメント