C#「ファイルを開く」ダイアログサンプル

C# コンピュータ
C#
アプリケーションでファイルを選択するダイアログボックスを表示するサンプルになります。
フォームのメニュー「ファイル」→「開く」を選択するとダイアログボックスが表示されます。
今回はOpenFileDialogクラスを使いましたがMSDNを見るとSaveFileDialogクラスがありました。
違いが何かまでは調べていませんが、きっとファイルを保存するダイアログボックスなのでしょう。
スポンサーリンク

ソース

ファイル名:FileDialog.cs

using System;
using System.Windows.Forms;

// 
// 「ファイルを開く」ファイルダイアログのサンプル
//

namespace MyDialog
{
    class Form1 : Form
    {
        MenuStrip menubar;    // メニューバー

        ToolStripMenuItem menuItem_File;    // ファイル
        ToolStripMenuItem menuItem_Open;    // 開く


        /////////////////////////////
        // Main
        /////////////////////////////
        [STAThread]
        static void Main()
        {
            Application.Run(new Form1());
        }

        //
        // コンストラクタ
        //
        public Form1()
        {
            menuItem_Open = new ToolStripMenuItem {
                Text = "開く"
            };
            menuItem_Open.Click += (sender, e)=>{
                // ダイアログボックスの生成
                var ofd = new OpenFileDialog {
                    FileName = "default.txt",    // デフォルトファイル名
                    Filter = "textファイル(*.txt)|*.txt|全てのファイル(*.*)|*.*"
                };
                // ダイアログボックスの表示
                if (ofd.ShowDialog() == DialogResult.OK) {
                    MessageBox.Show(ofd.FileName, "ファイル名");
                }
            };

            menuItem_File = new ToolStripMenuItem {
                Text = "ファイル"
            };
            menuItem_File.DropDownItems.Add(
                    menuItem_Open
            );

            menubar = new MenuStrip();
            menubar.Items.Add(menuItem_File);

            Controls.Add(menubar);
        }
    }
}

コンパイル

.NetFramework

PS>csc ./FileDialog.cs

mono

$mcs ./FileDialog.cs /r:System.Windows.Forms /r:System.Drawing.dll

実行

.NetFramework

PS>./FileDialog.exe

mono

$mono ./FileDialog.exe


コメント