【.NET Framework】DockStyleのサンプル

.NET Frameworkコンピュータ
.NET Framework

フォームにコントロールを配置するドッキング位置を指定するDockStyleを試してみます。

スポンサーリンク

ソースコード

using System;
using System.Windows.Forms;

// DockStyle

class Form1 : Form
{
    Form1()
    {
        var controls = new Control[]
        {
            new Button
            {
                Dock = DockStyle.Fill,
                Text = "Fill",
            },
            new Button
            {
                Dock = DockStyle.Left,
                Text = "Left",
            },
            new Button
            {
                Dock = DockStyle.Right,
                Text = "Right",
            },
            new Button
            {
                Dock = DockStyle.Top,
                Text = "Top",
            },
            new Button
            {
                Dock = DockStyle.Bottom,
                Text = "Bottom",
            },
        };
        controls[0].Click += (s, e) =>
        {
            var v = !controls[1].Visible;

            for (var i=1; i < controls.Length; i++)
            {
                controls[i].Visible = v;
            }
        };

        this.Controls.AddRange(controls);
    }
    [STAThread]
    static void Main()
    {
        Application.Run(new Form1());
    }
}

コンパイル

.NET Framework

csc /t:winexe Dock.cs

mono

mcs ./Dock.cs /r:System.Windows.Forms.dll

実行

.NET Framework

./Dock.exe

mono

mono Dock.exe
実行すると上下左右と中央(Fill)にボタンが配置されます。

中央(Fill)ボタンのみクリックすると上下左右のボタンが非表示になります。

四方のボタンが非表示になることで中央(Fill)ボタンがフォームのクライアント領域一杯に広がりました。

コメント