Evernote Web版でMarkdown記法を試してみた。

ネット・サービス コンピュータ
EvernoteのWeb版でMarkdownが使えるようなので試してみました。
入力した内容と変換後イメージをhtmlで表現してみました。
スポンサーリンク

コードブロック

バッククオート3連後エンターキーを押す
```
<html lang='ja'>
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<h1>大見出し</h1>
<div>コンテンツ</div>
</body>
</html>

見出し

# h1
## h2
### h3

インラインコード

バッククオートで囲む
`インラインコード`
インラインコード

リスト

*  項目
  • 項目
  • 項目
    • タブで入れ子
  • バックタブ

番号付きリスト

1. 項目
  1. 最初
    1. タブで入れ子
  2. バックタブ

チェックボックス

[]又は[x]
  • 空のチェックボックス
  • チェック済み

[][]
項目1
項目2

水平線



リンク

[表示文字列](url)

感想

Evernote Web版では、Markdown記号を入力すると自動的に変換されますので、ちょっとリッチなテキストエディタのような感じの動きをします。メモを素早く多量に取る場合でも、そこそこきれいな書式のノートになってくれます。

ノート内容をテキストエディタなどにコピー&ペーストでシンプルなhtmlかMarkdown記法のテキストになってほしいところですが、残念ながらそうではなさそうです。ほかの書類や記事に使いまわすのは、少し難アリといった感じです。

コメント