GIMPで選択範囲を調整する手順

GIMPコンピュータ
GIMP

GIMPのファジー選択機能をよく使うのですが、境界部分が選択範囲に含まれず微調整が必要な場面に遭遇します。選択時、しきい値を調整することが出来ますが、なかなか上手く行きません。

 

概ね調整したい大きさは1〜2px程ですので「選択範囲の拡大」機能を実施します。 この場合選択範囲が一律に拡大されてしまい、余分に選択される場合があります。

 

つぎにパスを使い余分に選択された部分を削ったり、足りない部分を足したりして微調整をすることが出来ます。ここまで来ると最初からパスを作成し選択範囲に変換した方が効率的では無いかと思い次の手順を試してみました。

 

1.「ファジー選択」で大まかに選択。

2.「選択範囲の拡大」少し大き目に範囲選択する

3.「選択範囲をパスに」で選択範囲をパスに変換

4.「Simplifyプラグイン」でパスを単純化

5.「パスを編集」でパスを調整

6.「パスを選択範囲」で選択範囲を確認、好みで無い場合はパスを調整を繰り返す。

 

結局、詳細に範囲選択したい場合パスを使うことになります。ただファジー選択で大まかな範囲選択をすることでパスの編集が少し楽になる感じです。

 

選択範囲をパスに変換すると沢山ノードが出来上がって、調整が大変なので外部プラグインの「Simplifyプラグイン」でパスを単純化してあげます。単純化することで若干ずれが生じる場合がありますが、調整することが前提なので問題ありません。
Simplifying a path
A new plugin. My try on simplifying paths. If Gimp already has a tool for that job, I hope somebody tells me. The problem is hard, and all I can say is that mos...

 

パスの情報は相対座標の数値の集まりですので、コンピュータであれば比較的簡単に処理出来そうではありますが、プログラミングには数学の知識が必要で自分では全く手も足も出ませんでした。このようなプラグインを作れる人は尊敬に値します。

 

色々思考錯誤してみた手順ではありますが、それでも煩雑なかんじです。とりあえず、別な方法が見つかるまでこの手順を使いたいと思います。

コメント