ウェブサービス「Pocket」に年間契約で加入したはなし。

ネット・サービス コンピュータ
Pocketというサービスは知ってはいましたが、今まで本格的に使ったことが無かった、後で読む系のサービスになります。

今まで気になるWebページがある場合EvernoteのWebクリッパーを使ってEvernoteに情報を貯めこんでいました。後から検索機能を使い情報を引っ張り出すような使い方になります。これはこれで、情報収集には有用な使い方ではありますが、後から読むには向かない点があります。

EvernoteのノートとしてWebページを保存した場合、ページにメモを残すなど加工できる点が良い点ですが、そのぶんオリジナルレイアウトが崩れがちな点が残念な部分になります。コンテンツとして綺麗に残しておきたい欲求もあり、保存しておいて後からじっくり読んだり、何度も読み返すような使い方にはあまり向かないように思えます。

その点Pocketは、コンテンツの再現度も高くレイアウトが崩れて読みずらいといった場面には遭遇したことがありません。また、有料会員の年会費は4500円ほどですが、この会員になるとコンテンツのオリジナルが削除されたとしてもPocketで閲覧可能です。

個人的にWebサイトを一冊の本としてKindleで売り出してほしいサイトがあり、そういったお気に入りのサイトをPocketで恒久的に保存するような使い方をしています。

Web上のコンテンツは閲覧した次の瞬間削除されてしまう可能性をはらみ、良いコンテンツとの出会いはある意味一期一会だといえます。そんなWebの世界でPoketを使いコンテンツとじっくり向き合うのも良いのではないかと思います。

コメント