KotlinでHello Wold

kotlin コンピュータ
kotlin
Androidの開発言語といえばJavaですが最近のAndroid Stuidoでは開発言語としてKotlinを選べるようです。
KotlinはJavaと比べてだいぶモダンな言語となっているらしく、ちょっと気になります。
Android Studioをインストールして試そうとおもいましたが、現在この記事を書いているサブノートThinkpad x230ではメモリーが8GBしかないのでAndroid Studio+Androidのエミュレータを起動するとメモリがギリギリです。増設メモリーは手配したのでそのうち16GBに増設しようとおもいますが、Kotlinの学習のためにAndroid Studioを起動するのはちょっと大げさに思えます。
今回はコマンドベースで学習用のサンプルソースをコンパイルする環境を作りたいと思います。
まず、kotlinのコンパイラーをダウンロードします。
kotlin-compiler-1.3.61.zip

をダウンロードし展開します。

展開先は”C:\Program Files\kotlinc”にしました。
次にpowershellでパスを通します。
powershellから$profile(Microsoft.PowerShell_profile.ps1)をメモ帳で編集します。
以下の行を追加しました。
$env:Path = $env:Path + ";C:\Program Files\kotlinc\bin"

一度powershellを終了し、再度powershellを起動し$profileを読み込みなおします。

kotlinにパスが通っているか確認。

PS H:\> kotlinc -version
'"java"' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
PS H:\> java
java : The term 'java' is not recognized as the name of a cmdlet, function, scr
ipt file, or operable program. Check the spelling of the name, or if a path was
 included, verify that the path is correct and try again.
At line:1 char:1
+ java
+ ~~~~
    + CategoryInfo          : ObjectNotFound: (java:String) [], ParentContains
   ErrorRecordException
    + FullyQualifiedErrorId : CommandNotFoundException
javaが無いと叱られました。そう言えばjavaの実行環境をアンインストールした覚えがあります。
以下のサイトからOpenJDKをダウンロードしてインストールします。
JDK 15 Early-Access Builds

Windowsの64bit版をダンロードしzipファイルを”C:\Program Files\jdk-15″に展開します。

その後kotlinと同様にパスを通します。
powershellから$profile(Microsoft.PowerShell_profile.ps1)をメモ帳で編集します。
以下の行を追加しました。

$env:Path = $env:Path + ";C:\Program Files\jdk-15\bin"

一度powershellを終了し、再度powershellを起動し$profileを読み込みなおします。

kotlinとjdkにパスが通っているか再度確認。

PS H:\> kotlin -version
Kotlin version 1.3.61-release-180 (JRE 15-ea+4-63)

今度は上手く行きました。

サンプルソースを用意します。
ファイル名:Hello.kt

// Hello

fun main(args : Array<String>) {
	println("Hello world")
}

コンパイル

PS H:\kotlin\hello> kotlinc .\Hello.kt

実行

PS H:\kotlin\hello> kotlin HelloKt
Hello world

なんとかHello worldまでこぎつけました。Windowsのコマンドラインからお手軽にkotlinを実行する環境が出来上がりました。

本来であればAndroid Studioを導入したいところですが、非力なPCで動作が重たく環境が出来上がった頃にはやる気がなえることも結構あります。とはいえAndroid Studio(IDE)を立ち上げずにコマンドラインでAndroidの開発をするのはかなりハードルが高いようにも思えます。Android Studioがサクサク動くPCが欲しいところです。

こんにちはkotlin。

コメント