Lenovo IdeaPad C340(AMD,14)を開封してみて2「メモリ交換」

IdeaPad C340 コンピュータ
IdeaPad C340
LenovoのIdeaPadを購入してから2年ほど経過したので裏ブタを開封してメモリを交換しました。
交換用メモリーはDDR4のSO-DIMMの16GBの一枚物です。メモリスロットが1つしかないので交換となります。
今までのメモリ容量が4GBで注文時から後で増設しようと考えていました。ただ使ってみると4GBでもそれなりに動作するのでそのまま状態で2年ほど経過してしまいました。

最近とあるペイントソフトのとある機能を使いたくメインPCで作業をしていました。

とある機能を使って処理したい画像ファイルが多量にあり、「オートアクション」というマクロ機能と「おーとくりっか~」というソフトを使い疑似バッチ処理を行う方法を見つけました。
窓の杜
「おーとくりっか~」あらかじめ指定した座標でマウスを自動クリックさせるソフト

ただこの方法、無人処理は出来ますが、「おーとくりっか~」のクリック作業を邪魔しないようにする為、なるべくデスクトップの操作をしないほうが望ましいです。おのずと、その処理中はメインPCが使えないことになります。

ということで別のパソコンでその処理をさせようと思い、沢山所有するサブPCからIdeaPadを選びました。扱うのがペイントソフトですし、電子ペンが使える2IN1のノートパソコンが良いだろうという考えです。(よく知りませんが液晶タブレットとはこんな感じなのでしょうか?)。動作確認をしましたが4GBでも動作することが確認できました。ただ64GBメモリを積んでいるメインPCでは画像を読み込む都度メモリを消費していますが、IdeaPadでは4GBを若干下回る程度で収まっています。ということはメモリスワップが発生していると思われるので、メモリを増やしてあげる正当な理由に行きついた次第でございます。

メモリ増設の効果は、体感動作速度は変化ない感じです。メモリスワップは発生していたとは思いますが、スワップ先がSSDだとHDDと比べて比較的高速の為、速度低下がそれほどでもなかったかもしれません。本当の効果を知るため使い込んでみたいと思います。

コメント