環境変数のPATHをPowerShell内でのみ適用される設定にする。

コンピュータ
PowerShellのあれこれ

システムやユーザー環境変数ではなくPowerShellの起動時に一時的な環境変数としてPATHを切ってあげようという話です。

スポンサーリンク

実行環境

Windows10
PowerShell version 5.1

メリット

環境変数PATHの設定を失敗しても影響がPowerShell.exe内に限定される。

設定方法

powershell.exeを実行時自動的にMicrosoft.PowerShell_profile.ps1を実行しますで、そのスクリプトでPATHを切ってあげます。

PowerShell.exeで以下のコマンドを実行

notepad $profile

Microsoft.PowerShell_profile.ps1が開かれますのでこちらにPATHを設定をします。
ちなみにPowerShell_ISE.exeはMicrosoft.PowerShellISE_profile.ps1と別ファイルですので、必要があればPowerShell_ISE.exeでも実行します。

環境変数の設定内容

$env:Path = $env:Path + ";C:\Program Files\kotlinc\bin"
$env:Path = $env:Path + ";C:\Program Files\jdk-15\bin"

このような感じでPathを追加していきます。

保存すると終了です。

次回PowerShell.exe(PowerShell_ISE.exe)を起動時から有効になりますのでPoweShellを再起動してください。

コメント