JavaScriptとcanvasでグラフを描いてみる「スーパーπ104桁結果一覧」

自作パソコン コンピュータ
自作パソコン

円周率の計算時間を計測してくれるプログラム「スーパーπ」を手持ちのパソコンで実行してみました。

スポンサーリンク

結果

プロセッサ名 104桁(秒)
AMD Ryzen 5 2600 Six-Core Processor 12
Intel(R) Core(TM) i5-3320M CPU @ 2.60GHz 15
AMD Ryzen3 3200U with Radeon Vega Mobile Gfx 15
Intel(R) Core(TM) i3-4130T CPU @ 2.90GHz 16
Intel(R) Celeron(R) CPU 3965U @ 2.20GHz 17

確かSandyBridge世代のCore i5 2500で10秒ぐらいだったので、ちょっと残念な結果となりました。このソフトAMDのCPUは低い数値が出るといいますが、それを差し引いても世代的新しい分10秒をきってほしいところです。
近いうちにRyzen5 2600を交換の予定ですのでそちらのCPUに期待したいと思います。

話は変わりますが、数値が羅列された表を見るとグラフが欲しくなったのでJavaScriptとcanvasでグラフを描いてみました。

グラフ

JavaScript

$(function(){
  
  var ctx = document.getElementById("cv").getContext("2d");
  ctx.font = "12px serif";
  ctx.fillText("Super PI 104桁", 10, 10);
  ctx.strokeStyle="#000000";
  
  var ss = '';
  var s = $('#detail tr');
  var keys = s.children('td:nth-child(1)') ; 
  var values = s.children('td:nth-child(2)') ; 
  
  keys.each(function(index, element){
      var key = $(element).text();
      var val = Number(values.eq(index).text());
      
      ctx.fillText(key, 10, 10 + (1+index) * 40);
      ctx.fillText(val, 16, 30 + (1+index) * 40);
      ctx.strokeRect(10, 30 + (1+index) * 40 - 14, val * 10,  18);
  });
});

作ってみていうのも何ですがグラフとか自分でプログラミングするものではないと感じました。

プロセッサ名の取得(Windows PowerShell)

Get-WmiObject Win32_Processor | Select-Object -First 1 | % { $_.Name }

コメント