Windowsターミナルの覚書「ショートカットキー一覧など」

(模様団扇絵)コンピュータ
出典:国立国会図書館「NDLイメージバンク」 (https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/)

Windowsターミナルの設定をいじっていて起動モードをフォーカスに設定してしまい、元に戻す方法を調べたので書き残しておきます。

スポンサーリンク

コマンドパレットを起動

ctrl+shift+P

フォーカスモードを解除

コマンドパレットを起動→「フォーカスモードに切り替える」と入力
設定を開けるようになるので、起動モードを「規定」に設定する。

ショートカットキー(デフォルト)

以下のショートカットキーはデフォルトで、設定で任意のキーに割り当て可能

1ページ上にスクロールする
ctrl+shift+pgup
1ページ下にスクロールする
ctrl+shift+pgdown
すべてのテキストを選択
ctrl+shift+a
ウィンドウの複製する(分割)
alt+shift+d
ウィンドウを分割する(上下)
alt+shift+minus
ウィンドウを分割する(左右)
alt+shift+plus
ウィンドウを閉じる
ctrl+shift+w
ウィンドウサイズを変更する
ctrl+shift+(up|down|right|left)

ショートカットキー(個人設定)

Quakeウィンドウの表示・非表示
ctrl+shift+@

メモ

ファイル名

WindowsTerminal.exe

ファイル名(短縮)

wt.exe

winキー→wt→Enterで起動

インストールフォルダの場所

C:\Program Files\WindowsApps\Microsoft.WindowsTerminal_1.15.2284.0_x64__8wekyb3d8bbwe

ログイン時に起動

winキー+R→shell:startup→開かれたフォルダにWindowsTerminal.exeのショートカットを作成(最小化で起動)
ctrl+shift+@でQuakeウィンドウの呼び出し

コメント