Powershellテンポラリフォルダとテンポラリファイルの作り方

コンピュータ

はじめに

ファイル操作をしていると一時的にファイルを保存したり複数のファイルを保存する場所が必要になる場面があります。
重複しないファイル名やパスを生成するのは意外と手間ですし、出来れば利用後のファイルやフォルダの後始末(削除)は自動的にしてほしいものです。

PowerShellスクリプトを初めて実行する場合

PowerShellスクリプトの実行を許可してください。
Powershellのps1ファイルを実行する方法
はじめに WindowsのコマンドラインインターフェースであるPowershellはコマンド操作をテキストファイルに記述したスクリプトファイルを実行することが出来ます。 Microsoft Excelで言うところのマクロのような物で...

テンポラリファイルを作る命令


$TmpFile = New-TemporaryFile

$TmpFileがテンポラリファイルのオブジェクトになります。
どうやら後始末は自分でしなくてはならないようですので、使い終わったら削除。

Remove-Item -Path $TmpFile

テンポラリフォルダを作る命令


$TmpFolder = New-TemporaryFile | %{ rm $_; mkdir $_ }

$TmpFolderがテンポラリファイルのオブジェクトになります。
テンポラリファイルと同様に、使い終わったら削除

Get-ChildItem $TmpFolder -Recurse | ForEach-Object {Remove-Item -Path $_.FullName};
Remove-Item -Path $TmpFolder -Recurse -Force;

スポンサーリンク


ブログランキング参加中
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
自作PCランキング
自作PCランキング
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

免責事項

当サイトの情報・資料の掲載は注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証致しません。
また、当サイトに掲載された情報・資料を利用、使用、ダウンロード等の行為で生じたあらゆる損害等に関して、理由の如何に関わらず当方は一切責任を負いません。

コンピュータ
スポンサーリンク
シェアする
八 四をフォローする
迷惑堂本舗

コメント