VMwareベンチマーク【仮想OS性能確認】

コンピュータ
迷惑堂本舗 http://maywork.net

VMware Workstationとは、仮想OSを実行する仮想マシンのソフトウェアです。

私は過去に使っていたWindows7のイメージを使っています。

個人的によくパソコンを入れ替えたりしますが、ソフト関係をすべて入れなおすのが億劫になり、たまにしか使わわないソフトはVMware用のWindows7にインストールしています。

 

仮想化したOSでソフトを実行する場合、どうしても実機と比べると遅くなってしまいますが、少しでも反応をよくするためにハード側のパーツ構成を変えて試してみたいと思います。

仮想OSの設定

Windows7 Professional 32bit

メモリ:3GByte

CPUコア数:2

ハード構成

1.BlogPC(Celeron G3900 メモリ16GByte オンボードグラフィック)

メモリー増設でパソコンは速くなるのか?【BolgPCメモリ増設】
私のつたない知識による、この問題の回答は「パソコンはメモリーが不足すると速度低下を起こす。そのような状況のパソコンに十分なメモリを増設すると速度低下が回復する。」と考えており、増設したから単純に速くなるものではないと思います。 ...

2.BlogPC(Core i5 7500 メモリ16GByte オンボードグラフィック)

CPUの価格とパフォーマンス【BlogPCのCPU交換】
前回メモリーを増設したBlogPCですがCPU交換で、どれほど能力向上するか試してみたいと思います。 手持ちにCore i5 7500というCPUがありますので、本日はこちらに交換をしてみたいと思います。 ...

3.VRPC(Ryzen5 1400 メモリ16GByte GTX1070Ti)

【自作PC】VR専用自作パソコンのベンチマーク
VR専用自作パソコンのベンチマークをとっていきます。 CHINEBENCH R15 OpenGL及びCPU性能のベンチマーク プロセッサ AMD Ryzen5 1400 Ry...

エクスペリエンスインデックス

Celeron G3900

迷惑堂本舗 http://maywork.net
g3900

Core i5 7500

迷惑堂本舗 http://maywork.net
Core i5 7500

Ryzen5 1400 + GTX1070Ti

迷惑堂本舗 http://maywork.net
Ryzen5 1400

グラフ

迷惑堂本舗 http://maywork.net

3DMARK06

Celeron G3900

迷惑堂本舗 http://maywork.net
g3900

Core i5 7500

迷惑堂本舗 http://maywork.net
Core i5 7500

Ryzen5 1400 + GTX1070Ti

迷惑堂本舗 http://maywork.net
Ryzen5 1400

グラフ

迷惑堂本舗 http://maywork.net

まとめ

ベンチマークを取ってみてハード性能差が仮想OS側にも影響があることを知りました。

Core i5 7500とRyzen5 1400のベンチマークの結果から、リアルOSで計測したCHINEBENCHのシングルコア性能が反映しているようで、なかなか興味深い結果となりました。

今後もう少し性能が異なるCPUやGPUを使ってベンチマークを取ってみたいと思います。

スポンサーリンク

コメント