パソコンにメモリを64GB搭載した話【G.SKILL F4-3200C16D-32GSXWB】

コンピュータ

メモリがひところに比べて大分安くなってきましたのでパソコンのメモリを更新しました。容量は合計で64GBで16GBのメモリモジュールを4枚、32GBのキットを2セットになります。規格がDDR4 PC4-25600で動作速度が3200MHz(25600÷8)のOCメモリというやつです。

このメモリをRyzen5-2600+B450の組合せのマザーボードに搭載するのですが、4本のメモリモジュールを使い容量も大きいので高速動作は期待薄です。それでも2933MHzあたりで動いてくれればと淡い期待を込めて組み込んでみました。

結果、2933MHzの動作は不可でした。Windows10の起動だけなら3200MHzでも可能ですが、しばらく使っているとブルースクリーンが発生します。Windowsのメモリ診断でもエラーが発生しましたので、クロックを下げメモリ診断が通る速度を調べたところ2666MHzとなりましたので、このクロックで運用します。

元のメモリの動作クロックも2666MHzですので、容量は24GBから64GBに増えましたが、ベンチマーク的なスコアの上昇は期待できません。
また、私のパソコンの使い方として多量のメモリを使うソフトはほとんどないので、いつも大量のメモリが空いている状態です。

あまりメモリを増やしても自己満足以上のメリットはなさそうですが、メモリを増やした後やたらとパソコンの調子が良いです。しいて言えばアプリケーションソフトがきびきびと起動するようになった気がします。もともとアプリケーションのインストール先はNVMeのSSDで遅くは無いと思いますが、ディスクキャッシュが効いているらしくアプリケーションのWindow枠が表示されてからユーザーが入力可能になるまでまでの時間が短縮されているような気がします。

キャッシュサイズを確認したところ約50GBほどキャッシュに利用されているようです。これだけの容量があればWindowsのシステム大部分をキャッシュにおさめることが出来そうです。とはいえディスクキャッシュはメモリ上にありますので、電源を落としてしまうと消えてしまい、その恩恵も無くなります。

同じメモリを使った技術にRAMDISKがありますが、こちらも電源を落とすとその内容が消えてしまいますので、シャットダウン時ストレージにRAMDISKの内容を退避し、起動時に復旧する仕組みがあります。ディスクキャッシュにも何らかの仕組みが無いかと記憶をあさったところSuperFetch(SysMain)がそれに当たるとは思います。この機能は多くのユーザーが嫌っており、Web検索するとサービスを停止方法が沢山ヒットします。パソコンに負荷がかかる割に効果が薄いのが嫌われる理由のようですが、コアが沢山あるのCPUとメモリが余っている環境での効果の程が気になりサービス停止し確認してみましたが結果はあまり変わりませんでした。SSDのみで構成されたパソコンの場合仕事をしていないように感じます。そう考えると多く方がサービスを停止するように勧めるのも理解できますが、わざわざサービスを停止するのも面倒なので私はそのまま自動起動する設定にしておきます。

 シャットダウンに対する対策は見当たりませんので、なるべくシャットダウンしない運用をする方向にしたいと思います。一日のパソコン作業終了時は、スリープ(サスペンド)する事にします。ちなみに私のパソコンのスリープ時の消費電力は約3Wほどシャットダウン時が1.5Wですのでその差がスリープ運用の電力コストになります。そのコストを許容出来るのであれば、快適なディスクキャッシュ環境の維持と高速スタートアップとは比べ物にならないほど高速なスリープからの復帰(レジューム)の恩恵にあずかること出来ます。

シャットダウンをしないとパソコンの調子が悪くなるのでは?と思うこともありますが、今日のスマホやタブレットも電源を落としませんし、Windows10が推称する高速スタートアップも休止状態のようにメモリの内容をストレージに保持するのでメモリはクリアしない事を考えると、シャットダウンは必須では無いと思われます。それでも調子が悪い場合は再起動をするわけですが、再起動の場合は高速スタートアップではなく完全シャットダウンが実行されるようになっています。

あとは停電の際のダメージが気になりますが、通電している時間が長いので停電の確率が上がるだけで、逝くときはどんな対策をしても逝ってしまいます。個人運用的な対策としては作成したデータファイルをクラウドサービスなどで保管しておくぐらいで、それ以外は失われても代わりを用意することが出来るはずです。

スポンサーリンク


コメント