Powershellで見つけられないファイル名の謎【Conv-ZIPtoPDF.ps1修正】

コンピュータ
スポンサーリンク

はじめに

ZIPファイルをPDFファイルに変換するスクリプトを実行していると、エクスプローラでは存在するファイルがPowershellで認識しないファイルがありました。
PowershellでZIPファイルをPDFファイルに変換する
はじめに このスクリプトは画像ファイル(.jpg.png)を含むZIPファイルをPDFファイルに変換します。 PowerShellスクリプトを初めて実行する場合 PowerShellスクリプトの実行を許可してください。...
どうやら"[""]"を含むファイルが見つけられないようです。
ためしにファイルを作ってみます。

PS>New-Item -ItemType file e:\script\[.txt

PS>Test-Path e:\script\[.txt
>Test-Path : Cannot retrieve the dynamic parameters for the cmdlet. The specified wildcard character pattern is not valid: [.txt

筆者は英語を解さないので意味は解りませんが、ワイルドカード(wildcard)という単語が目を引きました。

もしかすると"[""]"はpowershellのワイルドカード文字に該当することで正しくファイル名として認識されないのでは?

ワイルドカード文字

*
任意の文字列
?
任意の1文字
[]
[]内の文字とマッチ

どうやらこれのようです。
アスタリスクやクエスチョンはそもそもファイル名として使うことが出来ないので問題が発生しませんが、"[""]"はよくファイル名として使っている文字列です。

どうやら自分が無知なだけで正しいやり方がありそうですので調べてみました。

Test-Pathのオプションの-LiteralPathは、Path内のワイルドカード文字をワイルドカードとして解釈しないモードのようです。

これを使うとよさそうです。

PS>Test-Path -LiteralPath e:\script\[.txt
True

うまく行きました。

今後は、意図しない動きを避けるためにコマンドレットで-Pathを引数にとる場合は-LiteralPathにするようしたいと思います。

PowerShellスクリプトを初めて実行する場合

PowerShellスクリプトの実行を許可してください。
Powershellのps1ファイルを実行する方法
Powersehllをはじめるにあたり WindowsのコマンドラインインターフェースであるPowershellはコマンドレットと言われる命令をテキストファイルに記述したスクリプトファイルを実行することが出来ます。Powershell...

修正版のConv-ZIPtoPDF.ps1ソース

<#
# 画像ファイルをPDFファイルに変換する
#
# ファイル名:Conv-ZipToPDF.ps1
# 
# 引数:
# SourcePath...変換元のZIPファイルまたはZIPファイルを含むディレクトリのパスを指定
# DestinationPath...変換先のディレクトリを指定
# Recurse...-Recurseを選択すると$DestinationPathディレクトリを再帰的に検索します
#
# 変更:
# 20190220 初出
# 20190222 各種コマンドレットのオプションを-Pathから-LiteralPathに変更
#>

param(
    [string]
    $SourcePath,
    [string]
    $DestinationPath=".",
    [switch]
    $Recurse

)

[void][System.Reflection.Assembly]::LoadFrom((Join-Path $env:USERPROFILE "/Documents/Modules/pdf/itextsharp.dll"));

# 画像変換
function Conv-ImageToPDF
{
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [string]
        $SrcX,
        [string]
        $DstX
    );
    begin
    {
        $stream = [System.IO.FileStream]::new($DstX, [System.IO.FileMode]::Create, [System.IO.FileAccess]::Write, [System.IO.FileShare]::ReadWrite + [System.IO.FileShare]::Delete);
    }
    process
    {
        $image = [iTextSharp.text.Image]::GetInstance($SrcX);
        $pagesize = New-Object iTextSharp.text.Rectangle($image.Width, $image.Height);
        
        $doc = New-Object iTextSharp.text.Document($pagesize);
        $writer = [iTextSharp.text.pdf.PdfWriter]::GetInstance($doc, $stream);


        $doc.Open();
        $image.SetAbsolutePosition(0, 0);
        [void]$doc.Add($image);
        $doc.Close();
    }
    end
    {
        $stream.Close();
    }
}

# PDF連結
function Join-PDF
{
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [string]
        $SrcDir,
        [string]
        $DstPDF
    );
    begin
    {
        echo $DstPDF;
        $stream = [System.IO.FileStream]::new($DstPDF, [System.IO.FileMode]::Create, [System.IO.FileAccess]::Write, [System.IO.FileShare]::ReadWrite + [System.IO.FileShare]::Delete);
        $doc = New-Object iTextSharp.text.Document;
        $writer = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfCopy($doc, $stream);
        $doc.Open();
    }
    process
    {
        Get-ChildItem -LiteralPath $SrcDir -Recurse | where {
            $_.Extension -eq ".pdf"
        } | foreach {
            #echo $_.FullName;
            $reader = New-Object iTextSharp.text.pdf.PdfReader($_.FullName);
            $page = $writer.GetImportedPage($reader, 1);
            $writer.AddPage($page);
            $reader.Close();
        }
    }
    end
    {
        $writer.Close();
        $doc.Close();
        $stream.Close();
    }
}

# 重複しないファイル名を生成
function Create-UniquePath
{
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [string]$BasePath
    )
    begin
    {
    }
    process
    {
        if (!(Test-Path -LiteralPath $BasePath)) {
            return $BasePath;
        }
        $f = Get-Item -LiteralPath $BasePath;
        $Result = $BasePath;
        for($i=1; (Test-Path -LiteralPath $Result); $i++) {
            $Result = $f.Directory.FullName + "/" + $f.BaseName + "(" + $i + ")" + $f.Extension;
        }
        return $Result;
    }
    end
    {
    }
}

# ZIPファイル内の画像ファイルをPDFに変換する
function Conv-ZipToPDF
{
    param(
        [Parameter(ValueFromPipeline=$true,Mandatory=$true)]
        [string]
        $Src,
        [string]
        $Dst
    )
    begin
    {
        $TmpFolder = New-TemporaryFile | %{ rm $_; mkdir $_ }
    }
    process
    {
        Expand-Archive -LiteralPath $Src -DestinationPath $TmpFolder
        Get-ChildItem -LiteralPath $TmpFolder -Recurse | where {
            $_.Extension -eq '.jpg' -Or $_.Extension -eq '.png'
        } | foreach {
            $s = $_.FullName
            $d = Join-Path $_.Directory.FullName ($_.BaseName + '.pdf')
            Conv-ImageToPDF -Src $s -Dst $d
        }
        Join-PDF -SrcDir $TmpFolder.FullName -DstPDF $Dst
    }
    end
    {
        #Get-ChildItem -LiteralPath $TmpFolder -Recurse | ForEach-Object {Remove-Item -LiteralPath $_.FullName};
        Remove-Item -LiteralPath $TmpFolder -Recurse -Force;
    }
}

if (!($SourcePath) -Or !(Test-Path -LiteralPath $SourcePath)) {
    echo ($SourcePath+"ファイルが存在しない。");
    exit;
}
$s = Get-Item -LiteralPath $SourcePath;

if (!($DestinationPath) -Or !(Test-Path -LiteralPath $DestinationPath)) {$DestinationPath = "."}

echo $s.Attributes

if ($s.Attributes -match "Directory") {
    # ディレクトリモード
    
    if ($Recurse) {
        echo "Directory Recurse Mode"

        Get-ChildItem -LiteralPath $SourcePath -Recurse | where  {
            $_.Extension -eq ".zip"
        } | foreach {
            $ss = $_.FullName
            $dd = Create-UniquePath (Join-Path $DestinationPath ($_.BaseName + '.pdf'))
            Conv-ZipToPDF -Src $ss -Dst $dd
        }
    } else {
        echo "Directory Mode"

        Get-ChildItem -LiteralPath $SourcePath | where  {
            $_.Extension -eq ".zip"
        } | foreach {
            $ss = $_.FullName
            $dd = Create-UniquePath (Join-Path $DestinationPath ($_.BaseName + '.pdf'))
            Conv-ZipToPDF -Src $ss -Dst $dd
        }
    }
} else {
    # ファイルモード
    echo "File Mode"
    $dd = Create-UniquePath (Join-Path $DestinationPath ($s.BaseName + '.pdf'))
    Conv-ZipToPDF -Src $SourcePath -Dst $dd
}

スクリプトの実行環境

プロダクト名
Windows 7 Professional
ビルド番号
7601.23934
Powershellバージョン
5.1.14409.1005
.NET Framework
.NET Framework 4.7

スポンサーリンク


コメント