VMwareベンチマーク【仮想OS性能確認】

コンピュータ
迷惑堂本舗 http://maywork.net

VMware Workstationとは、仮想OSを実行する仮想マシンのソフトウェアです。

私は過去に使っていたWindows7のイメージを使っています。

個人的によくパソコンを入れ替えたりしますが、ソフト関係をすべて入れなおすのが億劫になり、たまにしか使わわないソフトはVMware用のWindows7にインストールしています。

 

仮想化したOSでソフトを実行する場合、どうしても実機と比べると遅くなってしまいますが、少しでも反応をよくするためにハード側のパーツ構成を変えて試してみたいと思います。

仮想OSの設定

Windows7 Professional 32bit

メモリ:3GByte

CPUコア数:2

ハード構成

1.BlogPC(Celeron G3900 メモリ16GByte オンボードグラフィック)

2.BlogPC(Core i5 7500 メモリ16GByte オンボードグラフィック)

3.VRPC(Ryzen5 1400 メモリ16GByte GTX1070Ti)

エクスペリエンスインデックス

Celeron G3900

迷惑堂本舗 https://maywork.net
g3900

Core i5 7500

迷惑堂本舗 https://maywork.net
Core i5 7500

Ryzen5 1400 + GTX1070Ti

迷惑堂本舗 https://maywork.net
Ryzen5 1400

グラフ

迷惑堂本舗 https://maywork.net

3DMARK06

Celeron G3900

迷惑堂本舗 https://maywork.net
g3900

Core i5 7500

迷惑堂本舗 https://maywork.net
Core i5 7500

Ryzen5 1400 + GTX1070Ti

迷惑堂本舗 https://maywork.net
Ryzen5 1400

グラフ

迷惑堂本舗 https://maywork.net

まとめ

ベンチマークを取ってみてハード性能差が仮想OS側にも影響があることを知りました。

Core i5 7500とRyzen5 1400のベンチマークの結果から、リアルOSで計測したCHINEBENCHのシングルコア性能が反映しているようで、なかなか興味深い結果となりました。

今後もう少し性能が異なるCPUやGPUを使ってベンチマークを取ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コンピュータ
スポンサーリンク
シェアする
八 四をフォローする
スポンサーリンク
迷惑堂本舗

コメント