システムファイル圧縮でWindows10はコンパクトなOSになれるのか?

コンピュータ
Windows10がインストールされたシステムストレージの容量が32GByteとつつましい容量のノートパソコンを1台所有しています。
いつもシステムストレージの容量不足に悩まされていますが、逆にこの容量でWindows10が収まっていることがおどろきです。
とはいえ、このままではWindowsのアップデートすらままならなくなりそうですので、対策を施したいと思います。

Windows10のファイルフォーマットであるNTFSにはファイルの圧縮機能があり、圧縮されたファイルは展開作業を意識することなく通常ファイルと同様に取り扱うことができます。
今回その圧縮機能のオプションでシステムの全てのファイルを圧縮する「CompactOS」を試してみたいと思います。
システム全てのファイルを圧縮しますので相当な処理時間がかかると思われますのでコマンド実行ご一晩放置しました。

スポンサーリンク

手順

  • [Win]+[X]
  • コマンドプロンプト管理者(A)を選択
  • compact /CompactOS:alwaysを入力しエンター

実行したPC

機種名
ASUS EeeBook X205TA
CPU
Intel Atom Z3735F
メモリ
DDR3L-1333 2GByte
ストレージ
eMMC 32GByte

ストレージ(eMMC)の空き容量

CompatOS前
12.1GByte
CompactOS後
14.2GByte

起動時間

CompatOS前
51秒
CompactOS後
46秒

感想

圧縮されたことで2GBほど空き容量が増えました。総容量32GBの6.25%相当に当たる領域が節約できたわけです。

圧縮することで空き容量を得られる訳ですが、その分読み込み書き込み時にCPUの処理能力を必要とされます。
そもそも能力的に高いパソコンでは無いので、さらに動作が遅くなったとしても操作不能にならない限りは、それなりに我慢できるのではと思いこの設定を施してみました。

私が鈍いだけかもしれませんが操作感は以前と違いが体感できませんでした。使い込んでいくとこの色々見えてくる物もあるかも知れませんが今のところ大変満足しております。

スポンサーリンク

コメント