キー一発でメモ帳を立ち上げる方法【ショートカットに任意のキー割当】

コンピュータ
スポンサーリンク

やり方

メモ帳のショートカットにCtrl+Alt+Nのショートカットキーを割り当ててみます。

1.[Win]+R

2.名前(O)欄に「%APPDATA%/Microsoft/Windows/Start Menu/Programs/Accessories」と入力しエンター

3.ショートカットファイル「メモ帳」の上で右クリック


4.プロパティを選択

5.ショートカットキー(K)の項目で割り当てたいCtrl+Alt+任意のキーまたはShift+Alt+任意キーを押す。今回はCtrl+Alt+Nを押す

6.okを押す

使い方

設定したCtrl+Alt+Nを押してください。メモ帳が立ち上がれば成功です。

メモ帳のショートカットキーを設定するスクリプト

<#
.SYNOPSIS
「Ctrl+Alt+N」を押すとメモ帳が起動する設定をする。

.DESCRIPTION
メモ帳のショートカットを編集
#>

$ErrorActionPreference = "STOP"

$Shell = New-Object -ComObject Wscript.Shell
$TargetPath = $env:APPDATA+"\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\notepad.lnk"

$Shotcut = $Shell.CreateShortcut($TargetPath)
$Shotcut.Hotkey = "Ctrl+Alt+N"
$Shotcut.Save()

電卓のショートカットキーを設定するスクリプト

<#
.SYNOPSIS
「Ctrl+Alt+C」を押すと電卓が起動する設定をする。

.DESCRIPTION
電卓のショートカットを作成
#>

$ErrorActionPreference = "STOP"

$FullName = Join-Path ([Environment]::GetFolderPath("System")) "calc.exe"
if (-not(Test-Path -LiteralPath $FullName)) { exit 1 }

$Shell = New-Object -ComObject Wscript.Shell
$TargetPath = $env:APPDATA+"\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Accessories\calc.lnk"

$Shotcut = $Shell.CreateShortcut($TargetPath)
$Shotcut.TargetPath = $FullName
$Shotcut.Hotkey = "Ctrl+Alt+C"
$Shotcut.Description = "電卓を起動"
$Shotcut.Save()

コメント