WPF学習中「BitmapImageのソースをFileStreamで読み込む」

C# コンピュータ
C#

WPFで画像を表示させようとするとImageコントロールを使い、そのソースとしてBitmapImageが使えます。次にBitmapImageのソースを指定する方法としてUriSourceとStreamSourceがあります。

今回はStreamSourceでローカルストレージにある画像ファイルを読み込んでImageコントロールで表示させたいと思います。

スポンサーリンク

プロジェクトの作成

mkdir プロジェクト名
cd プロジェクト名
dotnet new wpf
code .

ソースコード

ファイル名:MainWindow.xaml

<Window x:Class="Sample52ReadLocalImageFile.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:Sample52ReadLocalImageFile"
        mc:Ignorable="d"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
    <Grid>
        <StackPanel>
            <Image Name="Image1">
            </Image>
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>

ファイル名:MainWindow.xaml.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

using System.IO;

namespace Sample52ReadLocalImageFile
{
    /// <summary>
    /// Interaction logic for MainWindow.xaml
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();

            var imgPath = @"H:\Pictures\202102171409.PNG";

            // ビットマップイメージを作成
            var bi = new BitmapImage();

            // ファイルストリームを開く
            using (var fs = new FileStream(imgPath, FileMode.Open, FileAccess.Read))
            {
                // 初期化開始
                bi.BeginInit();

                // 読み込み時にイメージ全体をメモリにキャッシュ
                bi.CacheOption = BitmapCacheOption.OnLoad;

                // ビットマップのソースにファイルストリームを割り当て
                bi.StreamSource = fs;

                // 初期化終了
                bi.EndInit();
            }
            bi.Freeze();

            // イメージコントロールのソースにビットマップイメージを割り当て
            Image1.Source = bi;
        }
    }
}

感想

成功すると画像が表示されます。

結構おまじない的な手順が多い割に、ストリームをソースとして割り当てているだけで、ファイルの読み込みの命令が無いのがすっきりしない感じがします。画像は表示されているのでこの手順で問題なさそうです。

 

コメント