WPFのスライダーコントロールを試す。

海運橋(第一銀行雪)コンピュータ
出典:国立国会図書館「NDLイメージバンク」 (https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/)
Sliderコントロールのサンプルです。
スポンサーリンク

プロジェクトの作成

dotnet new wpf -n SampleSlider
code SampleSlider

ソースコード

ファイル名:MainWindow.xaml

<Window x:Class="SampleSlider.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:SampleSlider"
        mc:Ignorable="d"
        FontSize="12pt"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
    <Grid>
        <StackPanel Margin="12">
            <Slider
                x:Name="Slider1"
                Minimum="0"
                Maximum="32"
                IsSnapToTickEnabled="True"
                TickFrequency="1"
                SmallChange="2"
                LargeChange="5"
                Value="0"
                TickPlacement="Both" />
            <TextBox x:Name="TextBox1" Text="スライダーの値:0" />
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>

ファイル名:MainWindow.xaml.cs

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace SampleSlider
{
    /// <summary>
    /// Interaction logic for MainWindow.xaml
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();

            Slider1.ValueChanged += (s, e) =>
            {
                TextBox1.Text = string.Format("スライダーの値:{0}", Slider1.Value);
            };
        }
    }
}

実行


ValuedoubleIsSnapToTickEnabledTrueでない(Falseまたはプロパティを設定しない)場合、スライダーをマウスでドラッグすると少数点以下の数値を設定できる。
整数値のみ扱いたい場合はIsSnapToTickEnabledTrueにセットし、TickFrequency(ドラッグ時の移動量)、SmallChange(キーボードの十字キーでの移動量)、LargeChange(マウスでスライダーの左右(縦の場合上下)をクリック時の移動量)に然るべき整数値をセットする。プロパティがデフォルトのまま使えるかと思いましたが、なんだかんだで結構しっかりセットしてあげないと、思ったように動いてくれない。

コメント