WPFでWrapPanelを試す。

兩國花火之圖コンピュータ
出典:国立国会図書館「NDLイメージバンク」 (https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/)
WrapPanelのサンプルです。
スポンサーリンク

プロジェクトの作成

dotnet new wpf -n SampleWrapPanel
code .\SampleWrapPanel

ソースコード

ファイル名:MainWindow.xaml

<Window x:Class="SampleWrapPanel.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:SampleWrapPanel"
        mc:Ignorable="d"
        FontSize="16pt"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
    <Window.Resources>
        <Style TargetType="Button">
            <Setter Property="Margin" Value="10" />
            <Setter Property="Padding" Value="20" />
        </Style>
    </Window.Resources>
    <Grid>
        <WrapPanel>
            <Button Content="ああああああ" />
            <Button Content="いいいいいい" />
            <Button Content="うううううう" />
            <Button Content="ええええええ" />
            <Button Content="おおおおおお" />
        </WrapPanel>
    </Grid>
</Window>

実行

WrapPanel内に配置したコントロールは横または縦に並びます。領域内に収まらない場合は折り返して配置してくれるパネルになります。
デフォフォルトは横方向のようです。縦方向にする場合はOrientation="Vertical"と設定します。

コメント