WPFのXAMLでStyleとResourcesを試す。

大川岸一之橋遠景コンピュータ
出典:国立国会図書館「NDLイメージバンク」 (https://rnavi.ndl.go.jp/imagebank/)
XAMLのResourcesでオブジェクトに共通するStyleを適用するサンプルです。
スポンサーリンク

プロジェクトの作成

dotnet new wpf -n SampleStyleAndResources
cd SampleStyleAndResources
code .

ソースコード

ファイル名:MainWindow.xaml

<Window x:Class="SampleStyleAndResources.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
        xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
        xmlns:local="clr-namespace:SampleStyleAndResources"
        mc:Ignorable="d"
        FontFamily="MS ゴシック"
        FontSize="12pt"
        Title="MainWindow" Height="450" Width="800">
    <Window.Resources>
        <Style x:Key="textBlockStyle" TargetType="TextBlock">
            <Setter Property="Margin" Value="30"/>
            <Setter Property="FontSize" Value="24pt"/>
        </Style>
        <Style x:Key="redTextBlockStyle" TargetType="TextBlock" BasedOn="{StaticResource textBlockStyle}" >
            <Setter Property="Foreground" Value="Red" />
        </Style>
    </Window.Resources>
    <Grid>
        <StackPanel>
            <TextBlock Style="{StaticResource textBlockStyle}" Text="FontSizeを24にMarginを30に指定" />
            <TextBlock Style="{StaticResource redTextBlockStyle}" Text="ベーススタイルを拡張し前景色赤に" />
            <TextBlock Text="スタイルを未指定" />
        </StackPanel>
    </Grid>
</Window>

実行


cssのclassのような使い方でResourcesで定義したプロパティを各種オブジェクトに適用することでに一貫性のある見た目(Style)にするために役立ちます。
また、Windows要素にFontFamilyとFontSizeを指定することでデフォルトのフォントを指定しています。

コメント