3.5インチHDDをUSB-HDDケースに入れてubuntuで使ってみる。

コンピュータ

玄人志向の3.5型SATA対応HDDケース(GW3.5AA-SUP3/MB)と使い古しの3.5インチHDDを組み合わせてUSB3.0接続外付けHDDを作り、ファイルサーバーに接続し共有フォルダとして使いたいと思います。

USB-HDDをファイルサーバーの共有ストレージとして使うのは、性能、耐久性、信頼性、セキュリティ的にいかがなものかと思いますが、インターネットルータにUSB-HDDを接続して使う簡易NAS的な代物もありますし、個人で使う分にはよいかと思い試すことにしました。

スポンサーリンク

組み立て

ケースのUSBポートや電源スイッチがありる背面がスライドして外します。
外した背面パーツと3.5インチHDDを付属ねじ2本で止めます。
HDDと背面パーツをケースに戻します。
背面パーツとケースを付属ねじ2本で止めます。
ケース両側面のねじ穴を付属ねじ2本で止めます。
以上。
ねじの大きさだけ気を配れば誰でも簡単に組付けられます。
ケースの背面と側面のねじは一気に締めつけず4方をバランスよく対角線上に締めたほうが良いです。

ubuntuの設定

まず先ほど組み立てたusb-hddをusb3.0ポートに接続し、ターミナルを使ってubuntuの設定変更を行います。

接続確認

$sudo parted -l

…中略…

モデル: JMicron Generic (scsi)
ディスク /dev/sdc: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ:

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前                          フラグ
 1    17.4kB  134MB   134MB                     Microsoft reserved partition  msftres
 2    135MB   6001GB  6001GB  ntfs              Basic data partition          msftdata

/dev/sdcで認識されています。パーティションはWindowsから持ってきたままですのでntfsですがこちらは後でフォーマットします。

消去・パーティションの作成・フォーマット

$sudo parted /dev/sdc

(parted)mklabel gpt
警告: いま存在している /dev/sdc のディスクラベルは破壊され、このディスクの全データが失われます。続行しますか?
はい(Y)/Yes/いいえ(N)/No? Y

(parted) print
モデル: JMicron Generic (scsi)
ディスク /dev/sdc: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ:

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

(parted) mkpart
パーティションの名前?  []? usb-hdd
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4
開始? 0%
終了? 100%

(parted) print
モデル: JMicron Generic (scsi)
ディスク /dev/sdc: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ:

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前     フラグ
 1    33.6MB  6001GB  6001GB  ext4              usb-hdd

(parted) quit
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

sudo mkfs -t ext4 /dev/sdc

UUIDの確認

$sudo blkid /dev/sdc
/dev/sdc: UUID="ここにUUIDが表示される" TYPE="ext4"

マウントポイント作成

sudo mkdir -p /media/usb-hdd
sudo chmod -Rf 777 /media/usb-hdd

fstabの編集

sudo vi /etc/fstab

…中略…
# 最終行に追加
UUID=先ほど確認したUUIDを記述       /media/usb-hdd  ext4    defaults 0 0

手動マウント確認

sudo mount /media/usb-hdd
df /dev/sdc
/dev/sdc       5813268592 90140 5520135940   1% /media/usb-hdd

sambaの設定


sudo mkdir -p /media/usb-hdd/archives
sudo chmod -Rf 777 /media/usb-hdd/archives
sudo vi /etc/samba/smb.conf

…中略…
# 最終行に追加
〔archives]
  path = /media/usb-hdd/archives
  writable = yes
  browseable = yes
  guest ok = yes
  guest only = yes
  read only = no
  hide unreadable = yes
  create mask = 0777
  directory mask = 0777

sudo systemctl restart smbd nmbd

クライアント側から接続を確認

再起動・自動マウント確認

sudo reboot
# 再起動後
df /media/usb-hdd
/dev/sda       5813268592     90144 5520135936   1% /media/usb-hdd

/dev/sdcから/dev/sdaに変わっている。

ベンチマーク

無事共有フォルダが見えるようになりましたので、ベンチマークを取ってみたいと思います。

ケース:GW3.5AA-SUP3/MB+HDD:ST6000AS0002(USB接続)

まずパソコンとUSB接続した場合の性能です。

 

ケース:CSDRU3B6G+HDD:ST6000AS0002(USB接続)

参考として別のケースでUSB接続したベンチマークになります。

比べてみるとGW3.5AA-SUP3/MBは値段相応のスペックという感じです。

2019/9/7 amazon調べ

CSDRU3B6G:2588円

GW3.5AA-SUP3/MB:1946円

と思いしたがCSDRU3B6Gの値段も決して高くないですね。次はこちらを買い増ししたいと思います。

ケース:GW3.5AA-SUP3/MB+HDD:ST6000AS0002(共有フォルダ)

目的の運用方法である共有フォルダのベンチマーク結果になります。

さすがに、USB接続より遅くなるかと予想していましたがシーケンシャルリードはほぼ同等な数値が出ています。また、クライアントが無線Lan接続でスループットが50MB/s前後ですので、性能的にちょうどいい感じです。

ランダムの読み書きがUSB接続より良い数値が出てしまっていますが、ベンチマークを共有フォルダ計測した固有の現象としてスルーします。(実際速いと嬉しいですが、ネットワーク越しだと遅延も大きいですし応答速度的に細かなファイル読み書きは苦手だと思うので…)

総合すると、決して早い数値とは言えませんし、頻繁に読み書きを行うには不安があります。

しかし、過去に貯めたアーカイブファイルや動画ファイル置き場として使う分にはちょうど良いのではないかと思います。

ある程度使いこんだHDDをあまり忙しくない仕事を割り当て、いたわりながら最後まで使い切りたいと思います。

コメント