CPUクーラーをDEEPCOOL GAMMAXX 400に交換してみた

DEEPCOOL GAMMAXX 400 コンピュータ

Core i3-9100FのCPUクーラーにCPU付属品を使っていたのですが、冷却能力に少し余裕が欲しいのでDEEPCOOL GAMMAXX 400に交換してみました。

スポンサーリンク

パーツ構成

OS

Windows 10 Home 64bit バージョン2004
プロセッサ

Intel(R) Core(TM) i3-9100F CPU @ 3.60GHz
CPU_COOLER

CPU付属品→DEEPCOOL GAMMAXX 400
ビデオカード

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC
マザーボード

ASUS ROG STRIX B365-G GAMING
メモリー

G-Skill F4-3200C16-16GSXWB 2400MHz 16GB x 2
ストレージ

PLEXTOR PX-256M8PeG 238GB
ネットワークアダプタ

Intel(R) Ethernet I219-V
ケース

Thermaltake Versa H18
ケースファン

ENERMAX 12cm x 1(背面排気)
電源

CORSAIR SF450 80PLUS GOLD

温度

CPU温度(℃) INTEL CPU付属品 DEEPCOOL GAMMAXX 400
IDLE 39 35
負荷時 75 60

感想

思惑通りに温度変化をしてくれて一安心です。

このCPUクーラーはサイドフローで120x120x25mmのPWMファンが1つ付属しています。ファンを取り付ける金具が別途1組付属していますので、ファンを追加することでデュアルファンにすることできます。
取り付け金具はIntel 115x系はブッシュピンでAMD AM4系は爪でひっかけるタイプでした。高さは取り付け金具込みで160mmぐらいでした。

取り付け方法は外箱に印字されている説明図をみることになります。マニュアル等は付属していないので社外のCPUクーラーの取り付け経験の無い方には厳しいかもしれません。

グリスは付属のものを使ったのですが取り付け後直後はベンチマークのスコアが落ちましたが、グリスをなじませるためOCCTで負荷を30分ほどかけたところベンチマークのスコアが戻りました。

amazonで購入したのですがお値段が2190円と大変お手頃です。青色に光るファンは好みが分かれますが、形状が一般的な120mmファンですので交換が可能です。デュアルファンにして冷却能力を上げるのもよいですし、静穏性の高いファンに交換するのもよいと思います。この選択肢があるのが社外のCPUクーラーの良いところだと思います。

コメント